「Ctrl+Alt+…」は一切不要!ダブルクリック1回でできる3つのショートカット技

こんにちは。
プロダクションサポート部の相川です。

 
 
4月といえば多くの方にとって新生活がスタートする季節ですが、弊社でも、オフィスの移転に、新しいパートさんたちの入社、社員の配置換えと、新しいできごとが続いています。
 
 
個人的にも、春になってから新しい分野の仕事に携わるようになりました。しかし、思うように仕事がはかどらずに力不足を感じる毎日です。
 
 
もっと強くなりたい……。
 
 
 
 
もっと力がほしいっ!!
 
 
 
 
 
 

1.強いポーズ
ガオーーーーーー!!

 
 
 
 
……さて、てっとり早く業務の処理スピードを上げる方法といえば、ショートカット機能の活用です。面倒な作業が一瞬でできますし、なんだかかっこいいのでテンションモチベーションが上がりますよね!さらには、ゴリラになってしまった先輩を人に戻す効果も期待できます!
http://estlinks.net/biz-gorila/
 
 
とはいえ、ショートカットはゆうに100種類以上あるらしく、とても全てを覚えきれたものではありません。
 
 
できれば頭はあんまり使わない方向で力がほしい……(ボソッ)

 
 
そんなわけで、とにかく覚えるのが簡単なショートカットを3つ探してきましたので、ここにご報告させていただきます。
やることは「ダブルクリック」ひとつだけ!Ctrl+Alt+…などという呪文は一切必要ありません!ぜひ覚えて活用してみてください。

 
 
 

ウィンドウサイズの変更

 
これはご存知の方も多いのではないでしょうか。
タイトルバーをダブルクリックすると、画面が最大になります。

 
 
2.最大化_Before
このへんをダブルクリック!
 
 
3.最大化_After
ウィンドウサイズが大きくなります。逆に、最大化状態でダブルクリックすることで、縮小することも可能です。

 
 
ブラウザでも、エクスプローラーでも、オフィスソフトでも使えるので、右上の「□」や「_」に行くのが面倒くさいあらゆる場面でどうぞ。
ちなみに、最大化は「Windowsキー+↑」、縮小は「Windowsキー+↓」で同じことができます。

 
 
 

オートフィル

 
オートフィルというと、ドラッグすることで連続データを入力したり、セルをコピー&ペーストしたりできる機能です。
こちらも実はダブルクリックで代用できます。

 
 
4.オートフィル_Before
通常のオートフィルと同じように、カーソルをセルの右下に合わせてダブルクリック!
 
 
5.オートフィル_After
勝手に表の最後まで連続データを埋めてくれます。サンプルに使っている簡単な表だと、あまりありがたみがありませんが、大きな表ほど気持ちいいのでおすすめです。
 
 
 

列幅(行の高さ)を調整する

 
長い文字列を入力すると、セルの外まで中身の文字が飛び出てしまったり、ほかのセルで隠れて見えなくなってしまったりすることがあります。
列や行の幅は手動のドラッグでも変えることができますが、実はダブルクリックなら一発調整が可能です。

 
 
6.列幅調整_Before
列全体を選択して、列のすきまでダブルクリック!
 
 
7.列幅調整_After
選択した列を、それぞれぴったりの幅に調整してくれます。
表の見た目を整えるときや、何が入力されているのか確認したいときなどに便利です。

 
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?
これ以外にも、選択中のセルを移動させる、貼り付けを繰り返すなど、ダブルクリックは実に多芸です。一度で短縮できる時間はわずかですが、よく使うだけに、これを知ってから業務スピードがちょっぴり速くなった気がします。今度はもう少し難易度が高くて、より強そうなショートカット技にも挑戦してみたいと思います。

それでは、また次回 ガオー!(「・ω・)「