知らないでいるのは危険!Googleが行っているペナルティとは?【概要編】

SEOを考える際に気をつけたいのがgoogleからのペナルティの存在です。このページでは、どんなコンテンツがどんなペナルティを受けるのか、またその対策を紹介しています。

1.危険
 
 
こんにちは。営業部の鈴木です。
 
 
前回は外部施策と内部施策がテーマでした。今回はSEOを行ううえで知っておきたいGoogleのペナルティについて紹介します。
 
 

何を基準にペナルティを課すのか

間違ったSEOを行っていると、検索順位が下がったり、ページ自体が削除されたりすることがあります。商用目的でサイトを運用している方にとっては、利用者のアクセス数が下がることで売上にも影響が出るため、大きな問題といえるでしょう。このペナルティを受けやすいといわれている違反は下記の通りです。
 
 
・コピーコンテンツ
・内容が重複しているコンテンツ
・キーワードが過剰に含まれている
・質の低いサイトからのリンク など

 
 
こうした施策を意識的に行っていた場合はもちろんですが、新しく作成したページが既存のものと内容が似ていた、という場合でもペナルティを受けることがあるので注意しましょう。
 
 

ペナルティは2種類

2.2種類
 
 
Googleが行うペナルティは、手動ペナルティと自動ペナルティの2種類です。手動ペナルティはその名前の通り、Googleのスタッフがサイトを見て手動で行うものです。一方、自動ペナルティではアルゴリズムを使って自動的にペナルティを課していきます。どちらのペナルティも気をつけたいものですが、自動ペナルティは気づきにくいため、特に注意が必要です。
 
 
手動ペナルティの場合にはGoogle Search Console(サーチコンソール)に登録していれば、ペナルティを受けた際に警告メッセージが届くことがあります。また、指摘した内容を修正すれば、自動的に解除されます。しかし、自動ペナルティの場合には、警告メッセージは届きません。そのため、自分でサイトのどこが違反しているのかを見極め、対処する必要があるのです。アルゴリズムが修正を確認した時点でペナルティは解除となりますが、違反している部分がわからなければそのまま継続してしまいます。
 
 

ペナルティを受けないためには?

3.疑問
 
 
一度落ちてしまった検索順位を上げるのは手間になるため、ペナルティを受けないように注意することが何より大切です。そのためにはGoogleのウェブマスター向けガイドラインに沿ったサイト作りが求められます。
 
 
最近では検索アルゴリズムの更新による順位変動(フレッドアップデート)が注目されていますが、検索順位が落ちるサイトはコンテンツの質が低い、ユーザー目線に立っていないといった共通点があるようです。ウェブマスター向けガイドラインの基本方針には、ユーザーの利便性を第一に考えてサイトを作成することが明記されています。SEOの施策としては、ホワイトハットSEOがこれに該当します。サイト内のコンテンツを充実させて、ユーザーにとって魅力的なサイトになれば自ずと検索順位も上がるでしょう。
 
 
また、ウェブマスター向けガイドラインに沿ってページを作成していくため、自動ペナルティを受ける可能性もとても低いです。エストリンクスでは、記事作成を通してサイト作りのお手伝いをさせていただいています。サイト内に載せる記事でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
 
 
今回はgoogleのペナルティに関して、一般的な内容を紹介しました。次回、「では具体的にどういった記事がペナルティを受けやすいのか」「どういった記事がSEO上良いのか」について掘り下げていきたいと思います。
 
 
それではまた次回。