記事作成業者を使って良い記事を作るたった2つのコツ

0b8bd904aa54acd98e543d9f36791278_s

コーポレートサイト、オウンドメディア、アフィリエイトサイトなど、さまざまなサイトで記事が必要になります。記事作成を業者に依頼した経験がある方は、思った通りの記事が上がってこなかった、という経験があるのではないでしょうか?ここでは、業者に記事作成を依頼する時のコツをご紹介します。

事前に共有する情報の伝え方を工夫する

記事作成業者に制作を依頼する場合、ちょっとした説明不足で記事内容が全く変わってしまうことがあります。記事内容を伝えるための手段は、レギュレーションリスト、メールなどになりますが、文面で伝える場合、例えば以下のようなレギュレーションでは齟齬が起きやすくなります。

例1)
※https://www.○○○○(URL)
上記を参考に執筆してください。

このままだと、参考URLの形式、テイスト、内容、どれを参考にしていいのかが分かりません。例えば記事内容の参考資料という意味合いで共有しても、ライターの判断次第では「テイストの参考」という風に捉えてしまう可能性もあります。上記を伝わりやすく改変するとすれば、以下のようになります。

例2)
●内容の参考資料
https://www.○○○○(URL)

●記事形式
複数段落構成、小見出しあり

●テイスト
ですます調、硬め

これだけでも随分伝わりやすくなりました。基本的にはライターが作成する前に、記事作成業者とのすり合わせが発生するため、例1のような共有でも最終的には問題ないかもしれませんが、業者は依頼者の理想や目的(施策内容)、これまでの経緯など、なにもかも分からない状態から質問をしていくため、とにかくすり合わせに時間がかかります。共有できる情報は極力見やすくまとめて、見積もり時に渡してしまうのがオススメです。この方が業者も詳細をくみ取りやすくなり、結果的に早く、希望通りの記事が納品されやすくなります。

納期は長めにとる

納期は単価と同じくらい記事品質に影響がある部分です。なぜ納期を長めにとる必要があるのでしょうか?それを理解するためには、まず直接ライターへ発注する場合と業者へ発注する場合の、納品までのフローの違いを見てみましょう。

フロ―1:個人ライターへの発注

1.発注(依頼者)
2.作成(作成者)
3.納品(作成者)

フロ―2:記事作成業者への発注

1.発注(依頼者)
2.ライターのスケジュール待ち(作成者)
3.ライターへの発注(作成者)
4.ライターからの納品(作成者)
5.各種チェック(作成者)
6.納品(作成者)

記事作成業者は、案件の難易度やジャンルに合ったライターのアサインを第一に考えます。該当するライターのスケジュールがピンポイントで空いていることは稀で、基本的にはライターのスケジュールが空くのを待つ時間が必要になります。
この時間を省く場合には、スケジュール重視で第2候補以下のライターをアサインする必要が出てくるため、ミスマッチが起きやすくなるのです。
なおライターから納品が済んだ後には、誤脱チェックやコピーチェックを業者が行うため、そこにも時間が必要ですが、基本的にこちらが省略されることはありません。
このような理由から、できる限り納期的な余裕をもって取り組ませることが大切です。

・まとめ
いかがでしたか?記事作成をお考えの方は、「発注方法」「納期」この2点を意識してみてください。スムーズかつ高品質な記事が納品され、ご自身のチェックの負担もグンと減るはずです。