【イベント後記】お花見が中止になったから代わりにサバゲ―大会を開催してみた

こんにちは。プロダクションサポート部の岡田です。

オフィス移転、パートさんの増員、社員の配置換え。今月はなにかと新しいできごとが続いている弊社ですが、4月のイベントとして忘れてはならないことといえば……そう、

お花見です。

5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s

もちろん弊社もお花見を計画していましたが、今年は雨が続き、お花見を予定している日も雨予報。寒さが残っているせいか、桜の開花も例年より遅い様子です。

残念ながら、今年のお花見は中止するしかない……

とはいえ、もともとオフィス移転のお祝いを兼ねていたこともあり、急遽お花見の代わりのイベントを計画することになりました。

そこで、社内イベント担当の私は、同じく担当の相川さんと必死に知恵を絞ることに。雨でもできて、みんなで楽しめるイベント……ボーリング大会とか?前回、楽しかったし。

社長の気まぐれで“社内ボウリング大会”が開催されました
http://estlinks.net/bowling01/

なんとか3つほど代替案をひねり出し、社長に相談してみました。提案したのは、こちらの3案。

・ボーリング大会
・サバイバルゲーム大会
・温泉施設(スーパー銭湯)

……選ばれたのは、サバゲーでした。

第一回サバイバルゲーム大会開催

IMG_2777
も、萌え……

大会の会場として利用させていただいたのは、静岡県焼津市利右衛門にある「スペシャルフォース」さん。焼津市はマグロやカツオのイメージが強いですが、まさかこんな戦場があったなんて……

さて、大会とはいえ、参加者は全員サバゲ―初挑戦。そこで今回は初心者講習会に申し込みました。スペシャルフォースさんの初心者講習会は、エアソフトガンの撃ち方などの基礎から実際のゲームまでの体験コースを、専門のスタッフさんが付ききりで教えてくださいます。しかも、エアソフトガンをはじめ、マスクやグローブなどの装備もレンタル込み。サバゲ―デビューにはうってつけのコースです。

いざ、出陣

IMG_2778
物騒な出で立ちですが、弊社代表の安藤とmiteco編集部の山口です。

受付を済ませると、エアガンとマスク、グローブが配られました。エアガンの取り扱いについて注意と説明を受け、マガジン(弾倉)にBB弾を詰めます。準備ができたら、マスクを着けていざフィールドへ。

まずは、エアガンの構え方から教わります。個人的には、エアガンが予想以上に重くて驚きました。ゲーム開始前から腕がプルプルしています。そして、なぜか安藤亜由美専務の構え方が群を抜いて様になっており、

「普段から撃ち慣れているのでは……?」

と話題になりましたが、その真相は定かではありません。(フィールド内はカメラを持ち込めなかったため、イメージ画像でお楽しみください)

shooter-695324_640
※安藤専務(イメージ)

構え方から、基本の撃ち方、的を狙った撃ち方、ゲームに合わせた撃ち方までを教わったら、いよいよゲーム開始です。

サバイバルゲームは性格があらわれるゲームだった!

ゲームはチーム戦で行うため、グーとパーで2チームに分かれました。それぞれ目印となる赤と黄色のバンドを腕に装着します。そのとき、恐れていたことが……

なんと、敵チームに「絶対に敵に回したくない」と思っていた、

代表取締役の安藤(悟)

bodybuilder-646482_640

取締役専務の安藤(亜)

running-498257_640

営業部白鳥、

man-1282232_640

※岡田から見た3人

 

の3人がそろっています。

「負けず嫌いで戦略的、容赦なく撃ち込んできそう」というイメージを彼らに抱いているだけに震えが止まりません。

※あくまでも岡田の個人的な見解です。

しかし、ビビる私をよそに、ゲームは始まりました。開始直後は皆探りを入れているようでしたが、誰かが攻撃を仕掛けたのをきっかけに、撃つわ撃つわ。

war-472611_640

※画像はイメージです

オフィスでは絶対に見ることのできない皆の姿を見ることができました。

ゲームは全4回戦。1回戦と2回戦の「時間内に合計何回撃たれたか(数が少ない方が勝ち)」というゲームでは、私をはじめ保守的な性格のメンバーが集まった赤チームが勝利をおさめました。

一方3回戦と4回戦の「敵の陣地に設置されたボタンを先に押した方が勝ち」というゲームでは、攻撃的な?性格のメンバーが集まった黄色チームが勝利。2対2で引き分けという良い勝負ができました。

サバゲ―で地域活性!社内のコミュニケーション活性にも?

IMG_2779
画像中央奥、車の上で調子にのったポーズをしているのが私です。汗でドロドロだったため後方に下がりました。

講習会でお世話になったスタッフさんにお話を伺うと、スペシャルフォースさんはもともと「静岡をもっと盛り上げたい」という思いからサバイバルゲームフィールドの運営を始めたとのこと。この思いは、静岡のローカルWEBマガジン「miteco」を運営している弊社にも通ずるものがあります。

今回は初挑戦ということでビビりながら参加したサバゲ―でしたが、どうやらチームワークや戦略がものをいうゲームなのかも……?もしかしたら、社内のコミュニケーション活性にも役に立つかもしれません。予定していた野外イベントが雨で決行できないときなどには、サバゲ―がおすすめです。

日常では体験できないドキドキと、
翌日の筋肉痛があなたを待っていますよ!

では、また社内イベントを開催した際には、こちらで報告しますね。
それまでしばらく、ごきげんよう。