当社の強み

2014年、日本におけるインターネットの広告費総額が初めて1兆円を突破しました。

前年比112.1%と大きな成長を遂げており、今後も市場規模は拡大する見込みです。

株式会社電通『2014年 日本の広告費』

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0224-003977.html

 

インターネット広告のなかでも、SEO対策やユーザーのコンバージョン獲得の面から、記事作成の需要は大きく伸びています。

ここでは、弊社の強みである記事作成のうち、コンテンツマーケティングについてご紹介します。

 

コンテンツマーケティングの狙いは消費者との信頼関係構築

コンテンツマーケティングとは、企業がコンテンツを発信することで見込み客に対するブランドおよび商品・サービスの認知度向上や、

消費者との信頼関係構築を築くためのマーケティング手法です。

 

従来の広告と違い、コンテンツマーケティングでは、いきなり商品・サービスを売り込むことはしません。

例えば、「消費者の悩みや疑問に答える」「面白コンテンツでブランドや商品・サービスの認知度を高める」といった手法で、消費者とフレンドリーな関係を構築します。

都心部を中心に多くの企業が導入していますが、まだまだ静岡では導入事例は少ないです。

 

コンテンツマーケティングの最終目的は商品・サービスを販売することですが、

そのために、消費者との関係を構築するというプロセスを経ます。

まずは、消費者と仲良くなるために有益な情報を提供することが狙いです。

 

-コンテンツマーケティングのポイントは消費者が喜ぶこと

企業がインターネット上でコンテンツを発信するとき、主に「文章」「画像」「音声」「動画」という4つの手法があります。

これらを上手に使い、企業ブランドおよび商品・サービスのメリットを打ち出すことがポイントです。

 

ひとつめの課題は宣伝手法です。

当然、手法を選ばずに闇雲に商品・サービスを宣伝するだけでは効果がありません。

 

コンテンツマーケティングで成果を出すポイントは、

商品・サービスの情報を消費者が喜ぶカタチに加工(編集)することです。

例えば、活用できるシーンや誕生の経緯を紹介したり、時事と絡めながら魅力を引き出したりと、

ユーザーに訴求する方法を考えることが大切です。

 

WEBのコンテンツマーケティングはSEO対策の意識も必要

コンテンツマーケティングは、消費者が喜ぶ記事であることがわかりました。

 

課題はもうひとつ。

インターネット上に掲載する場合、SEO対策効果も考えなければなりません。

消費者の関心を引くコンテンツであることはもちろん、

検索エンジンにマッチしたテーマ(KW選定)や文章であることも求められます。

 

紙媒体でしか経験がない編集プロダクションでは、

2つの課題をクリアしたコンテンツマーケティングができません。

 

WEBに特化した弊社がコンテンツマーケティングを支援

弊社は、コンテンツマーケティング用記事作成に特化した静岡の記事作成代行サービスです。

紙媒体を経験したライターによる企画・編集ノウハウと、WEBライティング業界で3年培ったSEO対策に関する知識をミックスし、

お客様が悩むインターネット広告の課題解決をお手伝いします。

 

また、WEBメディア事業の開始に伴い、

Google Analyticsを用いたロジカルなSEO対策もスタートする予定です。

 

詳細につきましては、ぜひお問い合わせください。