体力増進?ダイエット効果? IT企業が「ラジオ体操」をはじめてみた

ラジオ体操1回目

ラジオ体操1回目

 

こんにちは、ライターの吉松京介です。

 

今月の上旬から、会社の取り組みとして「ラジオ体操」がはじまりました。

15時休憩(15分~20分程度の休み時間)に、週2回を目安に実施しています。

 

ITっぽくない取り組みだなと思いつつも、朝からではなく昼間にするところがITっぽいですね。

毎日でもないですし。

 

しかし、なぜ僕たちがラジオ体操をはじめたのか、その背景にはけっこう深刻な問題があります。

 

■エストリンクスがラジオ体操をはじめた経緯

ラジオ体操2回目

(会社の目の前にて)

 

じつはエストリンクスには、体重が増えた人や体調を崩しやすくなったと悩む人が複数名います。

「入社してから10キロ増えた(メディア事業部・山口さん)」とか「体調なんてよかったことがない(営業部・大石部長)」なんて声があるくらいには深刻です。

 

やっぱり、1日中座りっぱなしの“デスクワーク”が原因だと思いますが、どうでしょうか。

同じくデスクワークの人の意見を求めます。

 

とにかく、この状況を改善しようとした社長らは、「健康的なカラダをつくってくれ!」と言わんばかりに、フリスビーやなわとび、バドミントンなどのアイテムを会社に続々と導入しました。

 

導入直後は社員みんなでワイワイ遊んだものですが、寒さが強まるにつれてその光景は徐々にみられなくなって――。

 

その行く末が、「ラジオ体操」というわけです。

 

■実際どうなの?ラジオ体操

ラジオ体操をする営業部・白鳥さん

(ラジオ体操日に入籍してニッコリの営業部・白鳥さん。おめでとうございます)

 

まだ数回しか実施していないラジオ体操ですが、実際のところ社員の皆さんはどう感じているのでしょうか。

数名にこっそり聞いてみました。

 

―「動きたい気持ちは高まりますね。公園からの帰り道をちょっと小走りしたい衝動に駆られます(メディア事業部・赤池部長)」

 

―「ラジオ体操が終わると、1日が終わった感じがします。まだ体調の変化はないけど、カラダをほぐしたり動かしたりするのが身近になった気がします(営業部・白鳥さん)」

 

―「ふだん肩や首を回すとよく不穏な音がするんですが、体操直後はしなくなる気がします(メディア事業部・相川さん)」

 

ちょっと仕事に悪影響が出そうな意見もありますが、おおむねポジティブですね。

僕自身はといえば、いままでラジオ体操をあまりしたことがなかったので、新鮮な気持ちで取り組めていて、ちょっとした気分転換にもなります。

 

■ラジオ体操にはビックリするほどの健康効果があるらしい

今回の記事を書くにあたって調べるまで知りませんでしたが、全国にはラジオ体操の普及を目指す、「全国ラジオ体操連盟」というNPO法人が存在するようです。

(NPO法人 全国ラジオ体操連盟 http://www.rajio-taiso.jp/

 

同団体によると、

 

「人間本来がもっている機能をもとの状態に戻す」

「カラダ全体の血流がよくなる」

 

などの効果がラジオ体操にはあるそうです。

また継続すれば、ダイエット効果にも期待できるとか。

まさにいまのエストリンクスにピッタリでした。

もしかして、社長たちはすでに知っていた……?

 

ラジオ体操を導入している組織は少なくなく、自治体や建設業、電機メーカーなど、業種も多岐にわたるようです。

思えば僕の友人にも、「会社で毎日のようにラジオ体操をしている」と話す人がちらほらいます。

 

社員に太っている人が増えてきたとか、体調をよく崩す人がいるとか、そのような悩みを抱えている企業の皆さんは、僕たちと一緒にラジオ体操をはじめてみてはどうでしょうか。

もし何らかの問題の改善がみられたら、ぜひ情報共有をお願いします。

 

>>情報共有のメールはこちら。