Twitterを良く使うので、周りの人は何を使っているか調べてみた

こんにちは! 営業部の鈴木裕郷です。
前回まではコンテンツマーケティングやSEOについて触れてきましたが、今回は自分が気になることを紹介します。

social-1834013_1280

みなさんは、普段何のSNSを使っていますか?

私はスマホを持つと無意識にTwitterを開いてしまうぐらい癖になっていて、ツイートやいいねもしています。

しかし、ほかのSNS(FacebookやInstagram)は登録をしている程度で、書き込みはほとんどしません。

この使い方は一般的なのかどうか、とりあえず各サービスの日本におけるユーザー数を調べてみました。

 

Twitter 3,500万人(2015年12月時点)

Facebook 2,600万人 (2016年 9月時点)

Instagram 1,200万人 (2016年 9月時点)

 

この数値を見てみると、Twitterは多くの人に使われているSNSだと分かります。

しかし、これだけでは私がTwitterだけを頻繁に利用する理由とはいえません。

 

そこで次に各SNSの特徴を見ていきます。

 

各SNSの特徴

 twitter-292994_1280

今回紹介しているSNSは、どれも海外で生まれたものという点では共通しています。しかし、匿名性や利用方法などそれぞれに特徴があるので、その違いを以下で簡単にみていきましょう。

 

Twitter

・ツイート(書き込み)は140字以内

・匿名性が高い

・複数のアカウントを持てる

 

Facebook

・字数制限は気にしなくて良い

・実名での登録

・複数の個人アカウントは規約違反

 

Instagram

・文字よりも写真が主役

・FacebookやTwitterと連携することも可能

 

それぞれの特徴を比較すると、TwitterとFacebookには大きな違いがあることが分かります。Twitterでは、任意のユーザーIDが設定でき、複数のアカウントを持つことができるため、匿名性が高いです。実際にアカウントを使い分けることで、自分が発信したい情報を自由にツイートしているユーザーも多いです。

 

一方、Facebookでは個人が特定されます。そのため、Twitterに比べると書き込みのハードルは高いです。個人的には、この点がFacebookを更新しない原因になっています。

 

社内での使われ方

ここまでは、日本のユーザーの特徴と私の主観による内容です。では、ほかの人はどうなのか弊社の社員に聞いて調べてみました。

 

行ったアンケートはこちらです。

・普段よく使っているSNS(Facebook、Twitter、Instagram、Tumblrなど)上位3つ

・上記のSNSを利用している理由(手軽・とりあえずアプリを起動してしまうなど)

・各SNSに対する印象や使い分けている場合はその基準

 

調査してみた結果、回答をした全員がTwitterを利用しており、Twitterを第一に利用しているということでした。(Facebookと同率のものは2名)

 

Twitterを利用している理由としては、「気軽に利用できる」「トレンドの情報がすぐに分かる」「周りが使っているから」というものが多かったです。そのほか、「今までずっと使っていたから」「ほかのSNSは敷居が高い気がするがTwitterは気楽」などという意見もありました。

 

Facebookに関しては、半数以上の方が登録しており、人によってはSNSごとに利用シーンが異なっていました。回答の内容は、「仕事上のコミュニケーション」「メディアの運営に利用している」「Facebookでしかつながっていない知人がいる」などです。

 

そして個人的に一番印象的だったのが、「Twitterは普段着、Facebookはスーツ、Instagramはドレス」というものです。各SNSの特徴を的確に表していて、しっくりくる表現だと思います。また、私がFacebookやInstagramに対して感じていたハードルの高さが分かったような気がして、凄くすっきりしました。

 

前回までのブログではインターネットで情報を調べていたのですが、実際に自分で調べてみると新たな発見があり、新鮮でした。

 

次回も自分が気になっていることやSEO対策に関することを取り扱う予定です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それではまた次回。